症状

骨粗しょう症とは骨の量がへり、骨が弱く、もろくなり、骨折を起こしやすくなった状態です。骨粗しょう症になっても痛みはないのが普通です。しかし、ちょっとしたはずみで背骨を骨折したり(圧迫骨折・いつのまにか骨折)、転んだ時に手首、肩や太ももの付け根などを骨折しやすくなります。

骨折すると、その部位が痛くなり動けなくなります。背骨が一つ、また一つと潰れていくと、背中が丸くなったり、腰が曲がったりして歩きづらくなってきます。

原因

骨の中では、古くなった骨が吸収されて新しい骨がつくり出されることが繰り返されています。歳とともに、骨を作り出すことより、骨が吸収されることが多くなると、骨がスカスカになってきます。男性よりも、女性に多く、主に閉経後のホルモンバランスの崩れによって起こります。他には老化や遺伝的な体質、偏食や極端なダイエット、喫煙や過度の飲酒、家の中に閉じこもり外出しない生活習慣などが原因になります。他の病気が原因となることもあります。 (甲状腺機能亢進症、副甲状腺機能亢進症、関節リウマチ、糖尿病、ステロイド剤の長期服用)

正常の骨
正常の骨
骨粗しょう症の骨
骨粗しょう症の骨

診断

X線写真と骨密度測定で診断します。骨代謝マーカーと呼ばれる血液検査で骨吸収や骨形成を調べることもできます。これまで骨折したことがあるかなども参考に診断します。

当院の骨密度測定装置 DXA

当院では「骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2015年版」でも推奨されている腰椎、大腿骨の骨密度を測定する装置(DXA法)を使用しています。検査装置の台の上に横になっていただき10分程度の検査です。

当院の骨密度測定装置
測定結果の例
測定結果の例

予防と治療

予防

骨粗しょう症は予防が大切です。運動と食事がその基本です。

  • 食品:カルシウム(1日800mg目標)
    ビタミンD、ビタミンK、たんぱく質などを含む食品を摂取するよう心がける。
  • 散歩や日光浴
  • つえをついたりして転ばないように注意
  • 禁煙し、アルコールは控えめに
  • 過度なダイエット、偏食を避ける。

治療

治療の目的は骨折の予防と再骨折の予防です。薬には骨吸収抑制剤、骨形成促進剤、ホルモン剤、ビタミンDなどがありますが、検査の結果や治療中の他の疾患なども参考にしながら、患者さんにあった薬を選んでいきます。